■ 医院沿革…50年のあゆみ

1976年
臨床の個別性が問題
    歯科医療がマスコミでとり上げられるとき、決まって問題になるのが治療方針の大きなばらつきでした。
「ある医院では全部抜いて総義歯だといわれたが、別の医院では抜かずに・・・」という話題は定番 ものでした。 始めは確かに言われる通りで、多少の違いはともかく、歯科医の数だけ診断があるのは 困ったものだと考え、診断学の元祖である「内科診断学」のテキストを拾い読みしました。
しかし読むほどに問題は簡単ではなく元祖の中でも対立する2つの考え方「ヒポクラテスかプラトンか」 は、永遠のテーマになっているように思われました。患者さんとの関わり、歯科医療のあり方、診断とは何か、 といった話題は勉強会でも格好の話題で、論議は尽くされ書籍にまとめたこともありましたが、結論は人生の目的と同様「不可解!」でした。
完敗に終わった「総合診断へのアプローチ」でしたが収穫もありました。
  1. 手技だけが独走するのは怖いが、歯科臨床には手技や感性が左右する部分は大きい。
  2. 人の記憶には確実なものと曖昧なものが同居している。長期になるほど記録は欠かせない。
  3. 症例の記録には、その中に術者やスタッフの考え技術なども封印されている。
  4. 自己研鑽の方法として記録を保存する意義は大きい。
 
    充填、歯内療法など歯牙単位の小さな問題では、どちらかといえば手技的な巧拙が多くを左右する。
治療結果の優劣でも術者によるばらつきは避けられない。しかし同じ術者のなかでは患者さんによってそれほどばらばらな結果にはならない。
しかし問題が口腔単位に広がった場合、経過を大きく左右するのは患者さん自身の治癒能力、体質、 性格などである。ここでは術者の知識や手技は裏方になる。局所的には同じような疾患でも人により経過は様々で平均値で予測をすることも難しい。
1991年
歯はそれほどなくならない
    20年ほど昔、長くお付き合いをしてきた患者さんが、どのくらいの感覚で歯を失われたいるか調べたことがあります。当然、そのずっと前まで遡るので歯科治療などは何も分かっていなかった頃の記録ということになります。500人ぐらいの方を調べたところ、ほぼ10年に1本の歯を失われていることが分かりました。調査した集団の中には、お一人で10本以上ももの歯を失われた悲劇の主人公が何人かいらして、そのことが平均値を大きく低下させていました。

 それから10年ほどしてまた同じ事を調べました。この時には歯周治療の体制など、かなり整っていましたので画期的なデータが出るだろうと予想していました。ところが実際はそううまくはいきませんでした。ほとんど同じ患者さんを使ってのデータですから、それぞれでは10年の加齢がずしりとのしかかってしまうのです。結局11〜12年に延長されたことにとどまりました。それでもわれわれの医院から総義歯の患者さんは出ないことを確信しました。
 
    どんな原因で歯が失われるか?数としては何といっても歯周病です。虫歯ではよほど手遅れにならない限り抜歯にはなりませんし、昔には考えつかなかった方法で救済することも可能になりました。歯周病は炎症で骨や歯周組織が破壊されていく病気ですから、炎症をおさまらせ平和な環境を作り上げることが第一目標です。ただ歯周組織の破壊に伴って歯の位置が変動し、上下のかみ合わせが変わってしまうことが少なくありません。かみ合わせの変化は特定の歯に強い接触を生じたり、下顎の位置を不安定にさせることもでてきます。炎症はおさまっても不安定な力関係が続けば、沢山の歯をなくす危険はなくなりません。
 炎症と力のコントロールのためにもかみ合わせは大切です。
上記のように大臼歯に問題が発生したとき、どんな対応策をとるかを決めることは簡単ではありません。患者さんに状況を把握して頂いて大きな侵襲は加えず、ご自分でメインテナンスとわれわれの定期検診で存命を図る方法から、部分抜去や形態改善、骨の再生治療などまで様々なシナリオが考えられるからです。
 
     さらにここで行う処置の持続性をどう考えるかも問題です。完投投手にすべてを期待するという方法もあるでしょうが、小刻みな継投策の方が安全な場合があるからです。いずれにしても予後推測の確実さと、次の手を見越した対応策の組み立てが求められるわけで、流れを読むことができるかどうかが勝負です。
 たくさんの歯が失われて残りは10歯以下、総義歯も寸前という状態は最近めっきり少なくなりました。しかしここまで追い込まれたとしても、上下左右に犬歯かそれに準じる歯が残っていれば、義歯の具合はそれほど悪くなりません。上下左右4箇所に1歯ずつでもあれば万全ですし3箇所でも何とかなります。2箇所になると残り方で違いが出てきます。下顎に2箇所というのはまずまずですが、上下互い違いに1箇所ずつというのはちょっと困りものです。それでも1本でもあるとないとでは大違いです。
 
- 前頁へ -