● 単著・編著
歯科医療管理の理論と実際 医歯薬出版 1968. 8
調節性咬合器─クラウン・ブリッジのために─ 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1977. 10
総合診断へのアプローチ 現代の歯科臨床 医歯薬出版 1978. 12
あるスタディ・グループの歩み 火曜会1980 而至歯科工業 1980. 6
パーシャルデンチャー 日本歯科評論別冊 日本歯科評論社 1981. 11
パーシャル・デンチャーの考え方と処置方針 歯界展望別冊 医歯薬出版 1982. 9
私の臨床ファイル 1 インレー・クラウン・ブリッジ 医歯薬出版 1985. 9
コーヌス・テレスコープの現在 Gnosis Selection 1 グノーシス出版 1986. 7
私の臨床ファイル 2 パーシャルデンチャーの100症例 医歯薬出版 1987. 3
咬合をどう考え臨床にどう生かすか 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1989. 3
診断と治癒像を探る 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1989. 8
あるスタディ・グループの歩み・2 火曜会1990 而至歯科工業 1990
私の臨床ファイル 3 パーシャルデンチャーのデザイン 医歯薬出版 2000. 8
Digital Presentation グノーシス出版 2003.3
あるスタディ・グループの歩み 株式会社 ジーシー 2004.11
パーシャル・デンチャー新時代 ヒョーロン 2008.7
- ▲ -
    
● 自筆原稿記録
アタッチメントを使用した一症例 補綴臨床 医歯薬出版 1969. 10
チオコールラバーとシリコンラバーはどちらがどう優れているか 歯界展望 医歯薬出版 1970. 8
アタッチメントを使用した二、三の症例を振り返って 補綴臨床 医歯薬出版 1971. 7
一症例を通じてみたリハビリテーションにおける諸問題 クラウンブリッジの臨床 医歯薬出版 1972. 7
動揺歯の固定 クラウンブリッジの臨床 医歯薬出版 1972. 7
多数歯の印象と作業模型 日本歯科評論 日本歯科評論社 1972. 10
Hinge Axisと全運動軸 I.C.D.会誌 I.C.D. 1973
上下顎の残存歯がゆきちがう症例について 補綴臨床 医歯薬出版 1973. 7
咬合器─私の使い方 1・2・3 日本歯科評論 日本歯科評論社 1974. 1,2,3
支台歯形成の問題点について 補綴臨床 医歯薬出版 1974. 5
臨床医の立場からみた歯髄保護に関する2, 3の事項 歯界展望 医歯薬出版 1974. 6
Chek-bite法と咬合器 1・2 日本歯科評論 日本歯科評論社 1975. 8,9
Q&A チェックバイトについて G-Cサークル 而至歯科工業 1975. 10
ジャケット冠の破折 補綴臨床 医歯薬出版 1975. 10
動機づけと習慣形成のために 歯界展望 医歯薬出版 1976. 6
テンポラリー・クラウンについて 歯界展望 医歯薬出版 1976. 9
調節後の咬合器の使い方 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1977. 10
硬質レジン前装冠の適応範囲 G-Cサークル 而至歯科工業 1978. 1
経過からみた局部義歯の設計 1〜5 日本歯科評論 日本歯科評論社 1978. 8〜12
私の卒後研修 日本歯科評論 日本歯科評論社 1979. 12
クラウン・ブリッジで多数歯補綴を行った一症例の術後経過 あるスタディグループの歩み 而至歯科工業 1980. 6
大きな中間欠損を持つ症例について 日本歯科評論 日本歯科評論社 1981. 9
テレスコープの臨床的評価 パーシャルデンチャー 日本歯科評論社 1981. 11
歯列の中の1本の歯 現代の歯科臨床 医歯薬出版 1982. 5
コーヌス・テレスコープ技工上の要点 DE 医歯薬出版 1982. 6
遊離端欠損5症例の経過と予後 補綴臨床 医歯薬出版 1983. 11
すれちがい目前の5症例から 日本歯科評論 日本歯科評論社 1984. 12
臨床写真あれこれ 1・2・3 The Quintessence クインテッセンス出版 1985. 8,9,10
語り合う場を求めて 歯界展望 医歯薬出版 1986. 3
コーヌス・テレスコープの現在 コーヌス・テレスコープの現在 グノーシス出版 1986. 7
すれ違い咬合・診査と治療計画の要素 日本歯科医師会雑誌 日本歯科医師会 1987. 8
総合診断へのアプローチから10年 現代の歯科臨床 医歯薬出版 1987. 9
咬合高径─変更の得失 The Quintessence クインテッセンス出版 1988. 4
パーシャル・デンチャーの維持装置 遍歴の後に残ったもの 補綴臨床 医歯薬出版 1988. 9
パソコンでスライドを管理する あるスタディグループの歩み2 而至歯科工業 1990
プレゼンテーションを充実させるスライド製作 上・下 歯界展望 医歯薬出版 1992. 4,5
プレゼンテーションのためのパソコンによるスライド製作法1〜6 補綴臨床 医歯薬出版 1994. 1,3,5,7,9,11
火曜会と経過観察 歯界展望 医歯薬出版 1995. 8
新しいセラミックスへの期待と蹉跌 1・2・3 歯界展望 医歯薬出版 1996. 1,2,3
新しいセラミックへの期待と蹉跌1〜3 歯界展望 医歯薬出版 1998.1
新しいセラミックスへの期待と蹉跌・その後 歯界展望 医歯薬出版 1998. 1
電子手鏡のすすめ 歯界展望 医歯薬出版 1998. 9
電子手鏡のすすめ 歯界展望 医歯薬出版 1998.9
新しいセラミックへの期待と蹉跌・その後 歯界展望 医歯薬出版 2000. 1〜8
症例記録とプレゼンテーションのデジタル化 1〜8 歯界展望 医歯薬出版 2000. 1〜8
口腔内写真の明日を考える 歯界展望 医歯薬出版 2005. 1〜2
テレスコープとインプラント 1〜7 ヒョーロンパブシッシング 2008. 1〜10
- ▲ -
           
● 座談会原稿記録
開業医 最近のトピックスを語る 歯界展望 医歯薬出版 1972. 3
開業医 最近のトピックスを語る 歯界展望 医歯薬出版 1973. 2
全部被覆冠の支台歯形成・その問題点と対策 補綴臨床 医歯薬出版 1974. 5
支台歯形成の問題点について 補綴臨床 医歯薬出版 1974. 5
講習会─そのあり方と受け方 歯界展望 医歯薬出版 1975. 10
負担様式の変化と補綴のプランニング 補綴計画講座 医歯薬出版
補綴 この一年をさぐる 昨年の動向から 歯界展望 医歯薬出版 1977. 2
『抜歯か保存か』治療計画を立てるに当たって 歯界展望別冊 医歯薬出版 1977. 5
一症例の治療方針をめぐって/歯周,補綴,矯正の立場から 歯界展望 医歯薬出版 1977. 7
オーバーデンチュアの臨床 日本歯科評論 日本歯科評論社 1977. 9
エアタービンの臨床的性能評価 DE 医歯薬出版 1978
ブリッジかパーシャル・デンチャーか 歯界展望 医歯薬出版 1978. 9
歯科臨床 昨日・今日・明日 現代の歯科臨床 医歯薬出版 1979. 1
歯科材料のゆくえ・臨床のゆくえ 日本歯科評論 日本歯科評論社 1979. 1
テンポラリー・レストレーションを考える 歯界展望 医歯薬出版 1979. 8
パーシャル・デンチャーの考え方と処置方針をめぐって 歯界展望 医歯薬出版 1980. 7
実験と座談 コーヌスクローネの維持力 日本歯科評論 日本歯科評論社 1981. 8
スタディグループを語る 日本歯科医師会雑誌 日本歯科医師会 1981. 10
いま,なぜ,プラーク・コントロールなのか 歯界展望 医歯薬出版 1982. 5
歯根の破折・臨床像を中心にして 日本歯科評論 日本歯科評論社 1983. 4
コーヌスクローネ/コーヌスクローネの臨床上の問題点 Dental Diamond デンタルダイヤモンド社 1984. 4
西ドイツの歯科事情/E.K嗷ber 教授を迎えて 歯界展望 医歯薬出版 1984. 5
これからのグループ診療と卒後研修を考える・対談 Dental Magazine モリタ 1984. 6
第三次産業時代を迎えた歯科医療環境 CULTURE LIFE 日本医療文化センター 1984. 6
臨床家としての理想を求めて 歯科技工 医歯薬出版 1985. 11
スタディグループを訪ねて 1・2・3・4・5 the Quintessence クインテッセンス出版 1986,87,88
臨床の疑問から 1・2 the Quintessence クインテッセンス出版 1986. 3,5
患者の訴えと義歯の設計 the Quintessence クインテッセンス出版 1987. 9
土居健郎・臨床家にとっての症例研究の意義とその方法 the Quintessence クインテッセンス出版 1989. 1
臨床で咬合が問題となる症例の考え方 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1989. 3
顆頭位, 咬合位, そして補綴物 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1989. 3
診断と治癒像を探る 補綴臨床別冊 医歯薬出版 1989. 8
30代の試行錯誤 1〜2歯界展望 医歯薬出版 2000.7〜8
補綴と再建治療のはざまで歯界展望 医歯薬出版 2005.9
* 参考文献一覧へ
●フィルムライブラリー
オールセラミックスの臨床 生涯研修ライブラリー 日本歯科医師会 2001
画像を使った情報伝達 生涯研修ライブラリー 日本歯科医師会 2003
- ▲ -